営業で外に出るときに必須の日焼け止め対策

Pocket

営業で外に出るのですが、この時期7月8月最近は9月も直射日光がお肌の大敵です。

わたしは最近は外に出る仕事が多いので、今までの日焼け対策だけではお肌トラブルが起こってしまっていました。

困りますよね?

A_Werdan / Pixabay

事務仕事で日中は中での仕事が多かったのですが、外仕事ということでよりお肌に気をつけないといけません。

若いうちは外に出ていてもあまりわからないかもしれませんが、40代になるとシミやシワが出てきますので、目で日焼けがお肌によくないことがわかってしまいますね。

わたしの場合は特にシミがひどくて目の周りが黒くかすんでいるので、これ以上被害を拡大させたくない思いで、営業の日焼け対策について調べました。

参考にしたのは営業日焼け対策のまとめサイトです。

細かいところはチェックしてもらったらわかりますが、飲む日焼け止めが最近は出ているので飲んでみるのがいいようです。

外周りをしているとどうしても汗で日焼け止めのクリームも落ちてしまいますから。

その点飲む日焼け止めにすればいいというのは良くわかりますし、納得がいきますね。

わたしが若い20代のときは飲む日焼け止めは販売されていなかったので、今の若い人が正直うらやましいです。

20代のころから日焼け対策を万全にしておけば、40代の今どれだけお肌のハリや見た目が違ったのかを考えると、後悔してもしきれません。

今の若い女性は恵まれているので、積極的に美容に力を入れると10年後、20年後、に跳ね返ってきますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です