バストアップエクササイズ

キレイでセクシーな胸を欲しいと考えませんか?

やっと胸が大きくなったんだけど、満足できるバストのサイズやラインじゃないと、どうにか乳房が成長したにも関わらず、美しいバストラインでなかったら、プラスの面は減ってしまいます。

ですので、おっぱい大きくする時には、どうしても胸のかたちまで念頭に置いたおっぱいを大きくする方法を忘れないようにしたいものですね。話は変わって、胸には多彩なカタチがありますけれど、丁度良い形は「円錐形」っていうのが一般的です。

これはどういった見た目かといわれると、ツンと前に大きくなっていて膨らみが見られる、というものです。

ここは、強いて言うならヨーロッパやアメリカの女性に多いようです。

一方で、日本国内の女性の方々は「おわん型」の胸のかたちが多いと思いますね。

言うまでも無く、どっちかがイイということじゃなく、それから、人それぞれで好みが違うのでなんとも言えませんが、一般的に見て言いますと「円錐形」のほうが、より多くの男性がセクシーに感じる胸のラインである、と言えますよ。

一般に、バストアップクリームの成分には女性ホルモンの分泌を活発にするものが配合されているため、バストが豊かに育つことがあるでしょう。適当にバストアップクリームを塗るよりは、肌によく染み込むように丁寧にマッサージをする方が効果としてより実感できるのではないでしょうか。とはいえ、使えばすぐにバストアップするかといえばそうではありません。

何よりも実効性のあるおっぱいを大きくする方法を知りたいです?美容のゴールデンタイムというのを耳に入れたケースがあるかもわかりませんが、同じくらいにバストが成長するゴールデンタイムというのもあります。胸を成長させるのに肝心の作用をするのが成長ホルモンですが、成長ホルモンの分泌量の絶頂が、たいてい午後10時~午前2時の間と言われています。

さてさて、このようなゴールデンタイムだけど、一体何をするということがバストを大きくするさいにベストなのでしょうか?正解は、「快眠」です。一般に20代や30代の女性は出勤や家族で忙しいため、午後10時に布団に就くことはなかなか大変なかもしれないのですが、極力夜更かしせず早く寝るというのが、胸のサイズに非常に効果のある成長ホルモンが最も分泌される方法ということです。

営業で外に出るときに必須の日焼け止め対策

営業で外に出るのですが、この時期7月8月最近は9月も直射日光がお肌の大敵です。

わたしは最近は外に出る仕事が多いので、今までの日焼け対策だけではお肌トラブルが起こってしまっていました。

困りますよね?

A_Werdan / Pixabay

事務仕事で日中は中での仕事が多かったのですが、外仕事ということでよりお肌に気をつけないといけません。

若いうちは外に出ていてもあまりわからないかもしれませんが、40代になるとシミやシワが出てきますので、目で日焼けがお肌によくないことがわかってしまいますね。

わたしの場合は特にシミがひどくて目の周りが黒くかすんでいるので、これ以上被害を拡大させたくない思いで、営業の日焼け対策について調べました。

参考にしたのは営業日焼け対策のまとめサイトです。

細かいところはチェックしてもらったらわかりますが、飲む日焼け止めが最近は出ているので飲んでみるのがいいようです。

外周りをしているとどうしても汗で日焼け止めのクリームも落ちてしまいますから。

その点飲む日焼け止めにすればいいというのは良くわかりますし、納得がいきますね。

わたしが若い20代のときは飲む日焼け止めは販売されていなかったので、今の若い人が正直うらやましいです。

20代のころから日焼け対策を万全にしておけば、40代の今どれだけお肌のハリや見た目が違ったのかを考えると、後悔してもしきれません。

今の若い女性は恵まれているので、積極的に美容に力を入れると10年後、20年後、に跳ね返ってきますよ。

 

バストアップに挑戦

おっぱいを大きくするには、ミネラルをまんべんなく十分に摂取することが必要です。一般的に、ミネラルの事というと、ミネラルウォーターを想像する人がたくさんいるみたいですが、実のところ、多くの人の想像とは違い、ミネラルウォーターをたくさん飲んでも、ミネラルを多く吸収できるわけではありません。

congerdesign / Pixabay

それよりも、海藻物やサプリメント等をちゃんと摂取するように心がける方が効果がありますね。

海藻物でよく思い浮かべるのは、一般にはワカメですね。
さて、このミネラルが不足していると、私たちの体にどのような困った事が起きるのでしょうか?人の体の5%はミネラルから作られているので、ミネラルが不足すると代謝が低下してしまうんですね。

この代謝というのは、一般にダイエットなどでよく使われますが、わかりやすくいうと、「必要な栄養素を私達の身体の必要な部分に届け、不要なものを身体の外へ排出する働き」のことだと説明できます。胸のサイズを大きくするためには、イソフラボンなどの栄養素が胸に行き渡ることが大切ですが、代謝をアップすることによって、よりその働きが加速できます。

腕回しはバストアップに対して効果が得られやすいです。

エクササイズでバストアップをするのは十分に時間が取れないと面倒に思うこともありますが、腕回しならふと気がついた時にもすぐに可能だと思います。

腕回しは肩こりに効果があり、コリがほぐれ血行の促進効果にもなりますし、
筋肉トレーニングにもなるのではないでしょうか
⇒もちろん、効果的なバストアップも期待できます。

豊満な胸にするために知っておきたいのが、女性ホルモンというキーワードです。

この女性ホルモンの分泌量によって大きな胸にできるか否かが決まる、といっても間違いではありません。

さて、そうはいっても、自分で意識することによって、女性ホルモンを増やす、なんて芸当はできるはずもありませんよね。その際わかっておいた方が良いのが、イソフラボンという栄養素のことです。

イソフラボンは、体内に吸収されると、女性ホルモンと同じような働きをしてくれる、という効果的な成分なのです。

また、イソフラボンという成分は、豆腐や納豆など、毎日のご飯に取り入れやすい食べ物に多く含まれているので、普段の食事でカンタンに摂取できますね。

胸を大きくしたいなら、イソフラボンを多く含む大豆食品を日常生活で取れる時にできる限り食べることをお勧めします。胸のサイズが小さいと困っている状況から解放されませんか?